美容製品のルート営業から事務職へ転職|「壮絶な社内いじめから取り戻した平穏な日々」

現在28歳独身女性のミナです。

私は以前、株式会社日本直販総本社というところに勤めていました。テレビショッピングや通信販売の「日本直販」とはまた別の会社です。この仕事は27歳の時に始めました。元々友人がこの会社に勤めていて、正社員職を探していた私に紹介してくれたのです。仕事内容や給与の話しを友人から聞いて、とっても条件が良いと思ってあまり深く考えずに飛びついてしまいました。

応募前にネットで検索したり、求人票を見てみたりもしたのですが、そこでは特におかしな点はなかったのです。しかし、今思えば他の人にも話を聞いたりして、もうちょっと考えればよかった、と思います。

 

前職は美容カイロ店へのルート営業

株式会社日本直販総本社は健康商品の開発や卸売業、イベントの企画運営業をしています。 主にカイロプラクターの育成や、美容カイロの店舗運営サポートをしている会社です。美容カイロとは簡単にいうと、「手技で骨の歪みを矯正する美容サロン」です。

私がやっていたのははルート営業で、美容カイロの店舗を経営している方への営業です。当社の開催している美容カイロのセミナーや講習会に参加した美容カイロのお店を持っている方々へ対して、自社製品をセールスするのです。

主な業務ですが、ルート営業なので各自決められたルートを辿って、美容カイロ店のオーナーに自社製品をセールスし、契約してもらいます。化粧品、またはサプリメント等の知識を仕入れ、それをオーナーが買ってくれるようにとセールストークの勉強もしていました。

1日のスケジュールは朝9時半出勤、その後各自ルートを周り、18時に会社へ戻って報告書を書き、18時半頃退社となります。勤務期間は半年だけだったので役職はありませんが、正社員雇用で手取り23万でした。

 

「全然契約取れてないけど、この仕事合ってないんじゃない?」

転職しようと思ったのは、「人間関係の悪化とノルマが辛かった」からです。

営業職に就く前は派遣で接客をしていましたし、初対面の人と話す事自体はそんなに苦痛ではありませんでした。仕事内容も専門的な知識が必要と言う事で、最初の1年は先輩社員についてルート営業するのでいきなり1人きりで放り出されるという事はありません。

しかしこの仕事を教えてくれる先輩社員が嫌な人で、私が勤めて1ヶ月目でやっと取れた契約を、自分の手柄にしてしまったのです。

営業1人1人に月何十件以上等のノルマも課されている事から、先輩社員も必死になっていたのでしょう。しかしそういう事は一度だけではなく、二度三度と何度もされてしまいました。

それなのに「ミナさんは全然契約が取れないみたいだけど、この仕事合ってないんじゃない?」と上司と一緒に嫌味を言います。私をこの仕事に誘ってくれた友人も最初は味方になってくれていましたが、勤めて3ヶ月目辺りから私をいじめる側になってしまいました。

 

ひどくなるいじめ…とうとう退職を決意

もう転職してしまおうと思った決定的な出来事は、「無視やクレームを押し付けるといういじめをされ始めた」からです。

どうやら私の教育係で一緒にルートを周っていた前述の先輩社員が、他の同僚に私の変な噂を流したようで、社員から無視されるようになったのです。

勤め出して5ヶ月目辺りには先輩社員が「1人で周ってよ」と言って、一緒に会社を出ても、別々でルートを周らされました。5ヶ月目辺りにもなれば、それまでに何度か契約を取れている事や、自社講習も受けている事で、先輩と周るよりは働きやすかったです。でも私が仕事を頑張れば頑張る程、会社で上司にまで無視されたり等、仕事にも悪影響が出てきたのです。

クレームを押し付けられたりと散々な目にも合ってしまって、とうとう我慢できなくなり半年で退職を決意しました。

 

@type転職エージェントを利用して、すんなり転職

転職の際に利用したのは「@type転職エージェント」です。事務職に就きたかったので、事務系の仕事に強いエージェントをネットで探していてこちらを見つけたのでした。

「type転職エージェント」のメリットは関東圏のみの求人が沢山載っているという事です。そして各業種ついて詳しいアドバイザーがいるので、事務職未経験の私でも転職がすんなりと出来ました。

デメリットは、関東圏以外の人には使えないという事です。関東圏に住んでいる人ならばいいかもしれませんが、それ以外の地方に住んでいる人にはおすすめできません。

 

営業から事務職への転職

転職後の会社は、P社という会社(本社)です。写真や映像、通信に関する事業展開をしており、パレットプラザという写真プリントや年賀状についての業務を行う店舗を全国展開しています。

ここでの仕事は事務です。本社の総務に勤め、書類整理や電話・来客応対や社内備品の発注等、事務系の業務をしています。

以前の仕事と比べると給与は手取り22万とちょっと下がったものの、社内で完結する仕事なのでとても楽です。営業職で養った対人スキルを電話・来客対応に活かせますし、社内の人間関係も平和です。

事務職が初めてでも出来る簡単な業務ばかりなので、ここに勤めて良かったと思います。

 

年収は下がったけど、居心地は良い

転職後の待遇ですが、年収は下がりました。

まだ勤めて数か月しか経っていませんが、給与が以前より少ないので、途中で給与が上がらない限りは以前より低いです。ただ、5年勤めている先輩社員もその内で1万しか給与が上がっていないらしいので、給与に関してはあまり期待できません。

労働時間は実働8時間、朝9時から18時までで1時間休憩なので、体力的にも楽です。労働環境も綺麗なオフィスで働けるので居心地が良いですし、残業も月60時間程度とあまりありません。残業代はちゃんと出ますし、なかなか良いです。

転職して良かった事は、定年まで続けやすい仕事という事です。事務職なので暑い日も寒い日も空調の整ったオフィスで働けますし、今の所事務職以外は任されていないので、仕事内容も簡単です。

後悔している事は、敢えて言うならば給与が低いという事でしょうか。事務職は高給を求めにくい仕事だとは思うものの、長く勤めていてもそこまで給与が上がる見込みがないのは、ちょっと惜しいなと思います。

 

営業から異職種への転職は、エージェントを利用した方がいい

営業職から転職を考えている人は、異職種間の場合は転職エージェントを利用した方がいいかと思います。ハローワークやネットの求人票等を探して自分で面接を申し込みしても、なかなか受かりません。しかしエージェントを利用すると、異職種間への転職のコツや、自分に合う会社も探してくれるので、転職活動がしやすかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です