違法すれすれの通信系営業にドン引き…歩合も賞与も超適当|ブラック企業体験談

大阪府在住50歳男性ケンタです。

45歳の時電話回線やインターネット回線の契約代理店業務やホームページを製作プロデュース等通信全般を扱うブラック企業に転職してしまいました。

今日は私のブラック企業体験談をお話ししたいと思います。

営業ブタ
あ~もうこの時点でやばいです(笑)
転職ウサギ
回線の契約代理店とか、光通信系の匂いがしてなかなか香ばしいよね

 

リストラから創業10年のベンチャー企業へ転職

この会社の前の勤め先で、いきなりのリストラに遭いました。慌てて再就職を探しましたが年齢が年齢であったためなかなか面接までも行かず、書類選考段階で不採用続きで、やっと採用になった会社がここでした。

創業10年で社員10名ほど、年商約1億の会社でした。社長一代でここまで築き、その妻が副社長でした。

メーカーでのルートや飛び込みの営業職経験があり、法人営業がメインということと、インセンティブの良さで選びました。

オフィス街の比較的新しいオフィスビルの中に事務所も入っておりましたし、内装も綺麗で、ちゃんとした会社だろうと安心していました。

 

違法すれすれの営業方法にドン引き…

入社してすぐに営業研修がはじまりました。取り扱うサービスは「資料を自分で読んで覚えろ」との指示だけでした。

その後、すぐに先輩営業についてのOJTだったのですが、先輩といっても二十歳そこそこのお兄ちゃんで習うこともほぼないよなぁ、と思いながらも最初は黙って後ろで会社の基本営業とやらを黙って見ていました。

その飛び込み営業のやり方とは、「近くで電話回線の工事をやっていますので不都合がないか調査して廻っています。電話とPCのチェックをさせて下さい」と社内に入り込み、PCを簡単に触り、「ちょっと調子がおかしいので後日無料に調整に参ります」とアポをとって訪問し、電話回線の売り込みをするのです。

いかにもN社の代理やメンテナンスをしているかのような言い廻しで安心させ、調べて大変なことになっていますよ、と大昔のシロアリ駆除の営業みたいなペテン商法まがいの違法すれすれの営業方法に驚きました。

みんながみんなこのやり方ではないにしてもほぼこれで社長が築いてきた会社のようです。

 

インセンティブも賞与も…話が違う!

私は「この会社はやばい」と思いながらも、自分は嘘なんかつかなくてもまっとうにやって実績を上げて稼げばいいんだ、と考え営業をスタートしました。

これまでの営業職経験もあり、嘘のないまともな自分の営業スタイルを編み出し、2か月目には予算達成も現実味が出て月末の追い上げで予算ノルマを大幅に上回りました。

この成績が反映される翌月の給料日を楽しみに待ちました。

が・・・インセンティブは思っていた半分しかありませんでした。社長に問いただすと、会社の利益や関連オプションなど聞いたこともない仕組みを告げられました。

インセンティブは不定期に社長のきまぐれで変わっているものでした。賞与も聞いていた額も適当に言っていたようで他の社員に聞いてみると出ないこともあるらしく完全に騙されました。

どおりで学歴、経験全て不問、社員はスーツも着慣れないような若いお兄ちゃんばかりで薄々感じていた怪しさが全部説明がつきました。

 

すぐに退職願を社長に出し、欺いたような待遇の説明に抗議し、インチキ商法のようなやり方はできないと伝えました。

社長は怒りだし採用にかかった経費のことまで言いがかりをつけてきて喧嘩になりましたが、インチキ商売と虚偽の待遇で募集していることをハローワーク等に報告する!とこちらも対抗し無事退職しました。

 

まともな社員は速攻でやめるブラック企業だった…

帰りしな事務の女の子に聞いたのですが。営業職で採用されたまともな人は名前を覚える間もなく辞めるそうです。私もすぐ辞めるだろうと女の子たちは思っていたそうでした。

いい加減な営業手法もまかり通っているので、いい加減な契約を獲って退職していく営業社員が多くクレーム対応に事務職員は大変だそうです。

今考えると採用は不問だらけ、面接は約10分、面接結果の連絡まで2時間と誰でも頭数だけ揃えればいい感じで、全てにおいてブラック中のブラックな会社でした。

こんな会社が多く気をつけねばと考えていたはずでしたが再就職を焦るばかり失敗してしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です