超絶ブラックな不動産営業から農業生産法人へ転職|「社長から意味もなく蹴られて心が折れた」

私はHNかさぶたと申します。
東京都にある、中小企業M社に勤めていました。いわゆる不動産営業で、投資用マンションの営業マンをやっておりました。
出社は、就業時間1時間前です。M社は、不動産会社のイメージ通り、超体育会系で、上下関係も厳しかったです。
まず、オフィスからトイレ、床、灰皿などの掃除から始まります。
次に、出社してくる直属の上司のコーヒーを外に出て、某有名コーヒー店で購入します。
熱い状態で渡さなければならないので、買ったらダッシュで戻ります。今考えると、自分で買って来いよ、っていう感じですが(笑)

 

タウンページを片っ端からめくって怒涛のような電話営業

8時30分 通常営業が始まります。
まず、タウンページを何冊も与えられます。その中の会社に片っ端から電話します。
会社の規模や業種は関係ありません。ただ、電話をします。
電話内容は、不動産投資についてです。マンションの不動産投資でしたので、その電話営業を行っていました。
1時間ずっと電話をします。手を止めると怒られます。プロジェクトはありません。役職もありません。兵隊のようにただただ電話をします。
耳から膿が出るまで電話をしろと言われました。
色々な企業様にお電話するのですが、相手様もお仕事中なので。当然ながらすぐに切られます。
お客様からは、「なんて常識のないやつだ」「今仕事中なんどぞ」とかけては怒られ、かけては怒られ、しまいには会社名を言っただけで、受付の方に「お宅の電話は一切お取次ぎできません」と言われたこともありました。
ここまでが入社して1週間程で起きたことです。
ですが、新卒社会人だった私は、これが会社なんだ、これが社会人になるってことなんだと思っていました。年収は300万円、ボーナスはなしでインセンティブ式でした。

 

同期がうつ病で退職。徐々に立ち込めた暗雲

そんな毎日が1か月程して、同期の1人がうつ病になり退職しました。
私の班とは違う同期でしたが、仕事終わりに一緒にご飯行ったりしていたのでショックでした。
彼の話によると、この会社で10年働けないと言ってました。
彼の班では、「上司が帰るまでは例え終電でも帰るな」「休みなんて3カ月に1日あればいい。売れなきゃ休みなんてないから」
などと言われたらしく、心が折れてしまったようでした。

実は、彼だけではなく私も薄々それを感じていました。
当初の就業時間から徐々に残業が多くなり始めて、先輩たちからも夜中まで電話をし続けてると聞きました。
さすがにその話を聞いたとき、「ここから一刻も早く逃げなければ」と思いました。

 

社長から意味もなく蹴られて心が折れた

とある日は、社長とたまたまエレベーターが一緒になりました。
挨拶をした後、意味もなく蹴られました。社長いわく「俺は最近格闘技を習い始めたんだ」と。
私は思いました。そんな理由で社員を蹴ってもいいものなのか。というか、社員である前に、意味もなく人を蹴っていいのか。毎回会う度に蹴られるのではないかと思いました。
この時に、私は心が折れました。

電話口から聞こえる「もう電話してくるな!」の声。
上司からの「電話しろ!」という怒号。
日に日に増えるサービス残業。
そして、社長からの蹴り。

色々なことが積み重なって、社長の蹴りでもう吹っ切れました。「転職しよう」と心に決めました。

 

リクナビNEXTで転職活動

転職の際に使用したのは、リクナビNEXTです。
新卒採用の際も、リクナビで探していたので、そのまま使わせていただきました。
リクナビはとにかく仕事が探しやすかったです。細かな説明も書いてありますし、絞り込みもやりやすく、快適に使わせていただきました。

 

転職先はなんと農業生産法人

転職先は農業生産法人に決まりました。愛知県にあるS社という会社です。
農業生産法人での仕事は、主に野菜の栽培です。
ハウス内でのトマト栽培を主に、外の畑で大根やたまねぎも栽培しています。
基本的な作業は、トマトでしたら苗の管理、定植作業、水やり、野菜を吊ったり、収穫など。そのほかの業務は野菜の配達をしたり、たまに営業をするといった具合です。

 

待遇に少し不満はあるけれど、気持ちが全然楽になった

年収は少し下がって、約240万円です。労働環境は、悪くないです。周りの方も親切です。
労働時間は、夏は朝3時~夕方17時くらいです。冬は7時~17時くらいです。
残業は結構多い方だと思います。後は、年間休日日数がかなり少ないですね。長期休暇はお正月だけです。
前職と比べると、はるかに気持ちが楽です。
前は、会社に行く途中で吐き気が出ることもしばしばありました。今は、そんな精神的な辛さはありません。
少し労働時間や休日がきついところもありますが、今はちゃんと毎日働けてることに感謝しています。

 

今、営業で悩んでいる人へ

営業には向き不向きがあると思います。私には、営業は合っていませんでした。
自分自身まさか農業をやるとは思っていませんでしたが、こんなこともあるんだと毎日が新鮮で仕事が楽しいです。
世の中にはこんな種類の仕事もあるのだなと、毎日感じています。
営業という職種も、もちろん大切で重要なお仕事であると思います。
ただ、人生1度きりですし、もし今あなたが「営業は合っていない」と思うのなら、思い切って見たことのない景色を探しに行くのも良いのでは?と思います。
すぐに仕事が見つかるというわけでもないので、ゆっくりじっくり、自分と向き合って、「自分にはどんな職種が向いているのか」を自問自答しながら、考えてみてください。
そんな私の転職体験談でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です