不動産関連の飛び込み営業から自動車販売の反響営業へ転職|「転職は必ず家族と相談を」

こんにちは。スターと申します。今日は私の転職体験談をお話したいと思います。

前職はD・K株式会社という不動産関連の会社で、飛び込み営業をやっておりました。不動産関連の営業というのは、要するに、土地などを持っている人に、「土地をほかの人に貸しませんか?」と言う営業です。

1日のうち、約2時間ほど地主さんを探して1軒1軒歩いて回ります。挨拶から、まずはこのお宅が良い土地を持っているか持っていないかを聞き出します。もし良い不動産を持っていることが分かれば、継続的に通い土地活用の必要性の話をできるように関係づくりをします。午後は午前中探した地主さんの家族と話が出来るように通いこんだり、別の地域へ同じように飛び込み営業を行いにいきます。

何千軒歩いた中から数件の見込み客に目を付けて、話し合いの場を設けられるようにセッティングできるようにお客様とお話をします。もしセッティングができたら上長と一緒に訪問し土地活用の説明を行います。土地活用内容にご納得頂ければ受注、成約という流れになります。ここまでいける方は正直ほんの一部の方だけです。ちなみに、転職前の年収は400万円 でした。

 

年間休日が数日の生活に耐えられず転職を決意

私がなぜ転職をしたかというと、労働条件がとんでもなく悪かったです。基本的には残業をしない環境でなんですが、休日がほぼない。年間数日休めるかどうか…。家族との時間はほとんど取れません(営業職はそういうものと認識した方がいい)。そして、休日のない生活に疲れ、営業成績とともに給与も下がってきたため、転職活動をすることを決めました。

転職活動に使ったサイトは、リクナビNEXT、リクルートエージェント、DODA、エンジャパンです。

リクルートエージェントは、エージェントの方が親身にアドバイスを送ってきて頂いたり、お電話頂いて喝を入れて頂いたり思っていたより的確なアドバイスをして頂けるなという印象でした。

ほかのエージェントも利用しましたが、お探しの地域だけだと難しいですねと早いうちから諦めがちの雰囲気で、あとは案件があったらメールでお知らせしますというだけの対応・・・。

1人に集中出来ないのは仕事上分かるけど、お客様の為に精一杯やるという気持ちが伝われば口コミで広がってよくなるとは思うのですが・・・。

リクルートエージェントは良かったと思います。

 

自動車販売の反響営業へ転職

転職先は株式会社I・Mという自動車販売の会社です。いわゆる「反響営業」で、基本はお店で待っていてご来店のお客様に販売する仕事です。俗にいうカウンターセールスですね。

1日の来店数も平均10組ほどと多くはないですが、お客さんが自ら買いに来ているという点では、個人の飛び込み営業と相手の反応が全く違います。

新卒採用も中途採用も行っていますが、人の入れ替わりは激しい会社です。異動も多いです。特に独身の方は異動頻度も多くターゲットにされやすいです。

年収は40万円ほどあがりました。人間関係も良くなった感じはあります。休みは前職とほとんど変わらなかった印象です。休みはあるが休日出勤をしないと間に合わない。結局あまり休めていません。

収入が増えたことは良かったです。ただ土、日休みから平日休みになってしまったので家族との時間が極端に減ってしまったことが後悔しています。

 

転職は自分の中での優先順位を明確にしてから

営業の仕事は成果主義の会社が多いので給与を一番に求めて働きたい方は向いていると思います。但し給与が一番の優先順位に来ない方は絶対に営業職は止めた方が賢明です。

私の話ですが仕事をする上での優先順位はこんな感じでした。

  1. 家族との時間
  2. お金
  3. 仕事内容

上記の順番で2番目にお金と書いてある通り、稼ぎたかったので、営業職を希望し入社しました。但し家族(特に奥さん)はお金より時間の方が大切だったらしく、離婚にまで発展してしまいました。自分が働く意味を、まずは考えて行動した方がいいと思います。

独身の方は自分の今後の将来を考えてどうなっていきたいか。お金を稼いで外国に移住するなんて夢でもいいと思います。働くことの根本的な意義は、「自分のもっとも強い欲望は何だろうか」ということを中心に考えるべきだと思います。

 

転職は必ず家族に相談しよう

家族がいる方は絶対に家族の意見を聞いた上で、営業職にするのか、それ以外の職種にするのか相談された方がいいです。金銭面でそんなに大きいお金がなくても家庭がやっていける方は非営業職で安定して稼がれた方がいいと思います。営業職は家族との時間をほとんど奪います

それは成果を出している人も成果を出していない人も一緒です。成果を出している人は継続して顧客を見つけ次の成果に繋げる。成果を出していない人は継続して結果を出すために顧客を見つける。お金を稼げる循環とお金を稼げない循環でどちらも時間を費やします。当然簡単な仕事で高額な給与が頂けるはずがありません。それを痛感させられるのが営業職です。

自分の働く環境を一から見つめなおして転職も必ずしもいいということにはならないので同じ職場でずっと続けられるのが一番だとは思います。家族がいる方は絶対に相談した上で決めた方がいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です