営業職に多い「みなし残業」ってどう思いますか?

今現在、私はブラック企業に勤めていると思いますが、仕方ないと思っています。決して今の会社を批判したいのではないです。昔よりは大分良くなったと思っていますし、このような記事を書くのも同じ境遇の方たちにとって少しでも勇気を与えられられればという気持ちで書いています。

私は営業ですので基本的に給料は割と良いほうです。もちろん営業成績が悪ければ給料も少なくなりますが、コンスタントに成績があがっていれば、報奨金をもらえます。

ただ残業代は決まった額がでます。いわゆるみなし残業ですね。定時に帰っても夜22時まで仕事をしたとしても、残業代は変わりません。ですので、営業時間内で成績を出せば、定時に毎日上あがっても良いことになりますが、定時に帰りながら成績を上げることはよほどのスーパーマンでない限り無理です。

みなし残業とは?

みなし残業とは、固定給の中に○○時間分の残業代がすでに含まれている契約内容を言います。○○時間は会社によって異なりますが、みなし残業分を超えた残業代が支払われることはまずありません。つまり、みなし残業がついている=それ以上の残業代は出ない、と思って間違いないでしょう。

営業ブタ
みなし残業が契約内容に入っている会社は、残業が常態化している企業の割合がめっちゃ高いブタ!
転職ウサギ
残業はたくさんしてもらうけど、ある程度までしか給料は払えないよ、っていうことだもんな、みなし残業は。

 

仕事が終わらず休日出勤も…もちろん手当はナシ

私の場合は毎日9時前に出勤して、夜9時頃帰ります。遅いときは夜23時になるときもありますし、休みの日も返上して仕事に出ないといけないときもしばしばあります。

基本的には休日出勤等は手当はでませんし、会社としては休日に出勤することは許されていません。ただ、そういうわけにもいかないときがしばしばありますし、会社は休日出勤を認めていないので(そういう風習がないだけかもですが)出社して、やることをやって帰るときが多いです。

実績が芳しくないときは、夜にテレアポをして、ミーティングをして、遅い時間から(22時)納品の準備をしたりすることもしばしばあります。もしくはその日はミーティングが終わったら帰り、次の日いつもより一時間位早く会社に行き、準備することもあります。

しかし、これでも昔に比べたら大分マシになったのです。

一昔前では(私が20代の時)朝は毎日8時に出社して、帰りは23時ぐらいになるのが普通でした。また遅いときは、日付を超えるような日もあり、残業代はみなし残業代のみです。

ただここまで仕事をすると、実績が全くでないことはなく、ある程度の実績はでます。給料も報奨金がでるためそんなに悪くはありません。

 

有給制度は形骸化…取るのがおかしいような雰囲気

私の会社では営業は有給はほとんどないです。有給休暇の制度自体はありますが、私は専門学校を卒業してから、この12年間、この会社に入って有休を使ったのは、病気になって休んだ時や身内の不幸で休みをもらう時に使った2回だけです。

それ以外は使ったことがありません。有休とはいったい何なのか分からないレベルですが、他の営業の人も同じで使うこと自体間違いみたいな風習があります。営業職なので仕方ないのかもしれませんが、皆さんはどんな感じなのでしょうか。

営業ブタ
有給って会社によってめちゃくちゃ取りづらかったりするブタ。
転職ウサギ
結局雰囲気なんだよ。「え?休むの?」みたいに思われると、有給なんて取れるわけない。しかも営業で成績出てないのに有給とか視線がきついよね。

 

売れない営業は存在価値がない?

ただ会社を批判するわけではないです。今の時代違法があれば叩かれる時代ですので、少しずつ会社も良くなっていると思います。

ただ不満なのは、「営業だから残業するのは当たり前」という風潮です。

営業だって、他の社員と同じように、会社に雇用されて働いている立場です。それなのに、私の会社の他の職種の人間は、残業代もしっかり出るし、有給だって使っています。

営業は、やることが多いです。日中、外出して営業して、帰ってきたらもう6時過ぎ。そこから次の日の準備や雑務をしていたら、時間はあっという間に過ぎていきます。

成績が出ないときだって、サボっているわけではありません。一生懸命やっても、売れないときはあるのです。それでも、営業は成績が出なかったらいる意味がない、という風潮が今の会社にはあります。

売れない営業はただのゴミですか?有給取っちゃいけないんですか?睡眠時間を削ってまでサービス残業しなければいけないんですか?

営業にも人権があります。これでは会社に雇われている意味がない、と思い始めています。

甘いことを言っているのは百も承知ですが、ふと「営業の立場の弱さ」を考えてしまうときがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です