不動産仲介会社の意味不明な夜9時以降の労働|ブラック企業体験談

はじめまして。埼玉在住のアッシーです。

私は以前、都内の不動産仲介会社で、個人向けに居住用不動産の紹介をしていました。港区内のタワービルに事務所が入っていて、周りからみるとおしゃれな印象を感じるベンチャー企業でした。とてもきれいな事務所に入っていた事、歩合給の高さに惹かれ入社する事に決めました。

採用担当の方もとても丁寧に対応して頂いたので、入社するまで悪い印象を持つ事はありませんでした。

 

個人営業は夜7時から9時までが勝負

営業職なので、週末・平日問わずお客様との商談機会を確保しなければいけません。

主には平日中にお客様とコンタクトをとり、週末、祝祭日を中心に商談機会を確保していきます。お客様とのコンタクト方法はメール・電話が中心です。特にメールなのですが、時間を問わずにお客様の状況を気にする事なく送る事が出来るのでメールでのコンタクトは非常に便利です。

電話は時間が限られており、基本的には夜7時から夜9時の時間にしなければなりません。皆様、仕事をしているので仕事終わりの時間を見計らい連絡をします。

営業ブタ
個人営業は昼間電話しても意味ないからね
転職ウサギ
みんなが仕事終わった後から仕事するから、夜遅くなっちゃうんだね

「個人向けの営業職なので就業時間が長くなるのはしょうがない」と思っていました。

この会社に入る前も不動産の営業をしていたので、就業時間が長くなりやすい事や公休日が若干、少なくなる事などは分かっていました。

が、このベンチャー企業では私の想像以上の就業時間を求められました。

入社時の説明では

9:30~19:30(休憩時間2時間)

の説明のもと入社しました。

19:30に帰れる機会は少ないだろうとは思っていましたが、まさか毎日夜11時まで仕事をしなければいけないとは思ってもいませんでした。

 

意味不明な夜9時以降の労働…

お客様とコンタクトをとれる時間は決まっているので夜9時以降の時間、具体的に何をしていたか。上司の作業を押し付けられて、週末の商談のロールプレイング、事務所の清掃、etc

「このタイミングでやる必要があるのだろうか・・」という事を押し付けられます。

とにかく、遅い時間まで仕事をする事に美学を感じていて、自分よりも早く帰る事を快く思わなかった当時の上司。仕事を押し付けられるのが嫌なのでネットサーフィンをする平日の夜。

営業ブタ
いるよね~こういう前時代的な上司
転職ウサギ
長時間労働に美学感じてるなら、自分でやってろって感じだね

 

退社を決意した歩合給の廃止

就業時間は12時間を超えてはいましたが、歩合の率が高かったので何とか心をつなぎ留められていましたが、入社してから1年半後に給与体系の大幅な見直しが2回、行われました。

1度目の見直しでは歩合率の見直し。かなり大きな歩合率のがカットされました。

2回目の見直しでは歩合給の廃止。売上金額を反映させないボーナスを支給する事となりました。

売上を考慮しないボーナス支給という事で、詳しい説明を求めても「これから詳細は決めていく」以外の説明はありませんでした。

営業職なので歩合給がなくなるだけで、年収が激減です。労働時間と労働環境は変わらないのに給料は激減するという状況を飲み込む事が出来ずに退社する事を決意。

 

できれば入社する前に上司と面談しておきたい

会社全体を見てみるとそんな悪い印象はありませんでした。けれど、実際に所属する部署の上司によって労働環境が大きく変わります。

私の場合は、入社する前に所属する上司と会話をする機会がありました。

面接時には会社、上司の全てを見極める事は難しいと思います。けれども上司が以前、どこの会社で働いていたかを確認する事が出来れば大体の労働環境を想像できると思います。

私の元上司は、有名な体育会系の不動産会社出身でした。それを確認しておくべきだったと思っています。

 

今は、個人事業主として自分のペースで仕事をする事が出来ています。

最近話題のワークライフバランスを意識した働き方が出来ているので、以前よりもストレスなく仕事に取り組めています。1日の時間は限られているので、効率的に時間を使う事が出来ない労働環境であれば、転職を検討した方が良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です