口下手は営業に向いていないのか?|しゃべりが下手でも契約が取れる方法

営業というのは、しゃべる仕事です。

基本的には、自分の言葉で商品の説明をして、お客様にどういうメリットがあるのか、セールストークをしていく職業です。

資料や動画を使って営業したり手法はいろいろありますが、全く話さずに完結できる営業は、稀でしょう。

営業成績が上がらない方の中には、「自分はしゃべるのが下手だから…」「自分は口下手だから…」と下を向いてしまう人がいるかもしれません。

口下手は営業に向いていないのか?

確かに、成績の良い営業マンや仕事がデキる人というのは、ハキハキとしゃべっていて、“口が立つ”印象がありますね。しゃべるのがうまい、というのは、間違いなく営業において有利に働くでしょう。

しかし、口下手だと営業に向いていないのか?と言われれば、私はそんなことはないと思っています。

サイバーエージェントの社長である藤田晋さんは、元々インテリジェンスの社員で、営業として働いていました。

藤田さんの動画を見たことがある人はわかると思いますが、彼は決して口がうまい人ではありません。それどころか、ぼそぼそとしゃべるような感じで、一見「口下手」と言われててもおかしくないような印象です。

しかし、インテリジェンス時代の藤田さんは、営業成績はトップクラスでした。

 

なぜ藤田社長は口下手でも契約が取れたのか?

口がうまいわけではない藤田社長は、なぜそんなに成績が良かったのでしょうか。

藤田社長のブログに、「口下手」というタイトルで、こんな記事があります。

私は営業の仕事を始めた頃、上手く話そう上手く話そう。としていました。

そんなとき、当時の営業ができる上司から、

おれはお客さんから、『○○さんは口下手だから信用できる。口の上手い営業は信用できないよ』と言われて発注をもらったんだ

自然体で話すことが自分と商品に対する自信の証なんだ

とアドバイスをもらいました。

それを聞いて嬉しくなりました。

それ以来、意識して自分の言葉で話し(もちろん敬語は押さえたうえで)、誠意を持って自分の考えを伝えるようになりました。

それから営業成績が良くなりました。

引用:渋谷ではたらく社長のアメブロ

しっかりとした商品知識と誠意をもって相手に接すれば、口がうまかろうと下手だろうと、絶対にお客さんに伝わるはずです。

それは、口が下手な人でも一生懸命伝えようとすればするほど、相手には印象深く強く伝わります。

藤田社長のエピソードには、そんな教訓が込められています。

 

大事なのはお客さんと信頼関係を築くこと

もし、口下手で悩んでいる営業の方がいたら、「どうやって話そう」ではなくて、「どうやったら相手の利益になるだろうか?」「どうすれば相手は喜ぶだろうか?」ということを考えてみてください。

営業はしゃべる仕事ですが、大事なのは「うまくしゃべること」ではなく、「相手に伝えること」です。

誠意を持って相手と接し、信頼関係を築くことが、営業としての成長への一歩です。頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です