大手の子会社商社から一転、トヨタの工場期間工へ転職|「トヨタ期間工の実情と待遇について」

ながとしと申します。

転職する前は、株式会社M商事というところで働いておりました。本社は東京都渋谷区、大手総合商社の100%出資会社で、とにかく儲かりそうなことには何にでも手を出す会社でした。

当時の私は福岡県の福岡支店に営業部員として勤務していました。

 

九州でPHS事業の立ち上げ→開拓担当に任命される

会社が平成8年に目をつけたのが、携帯電話販売事業。

サービスが開始されたばかりのPHS(簡易型携帯電話)の販売代理店を九州各県に構築して、一気に儲けようというプロジェクトです。私はその販売代理店の開拓担当として任命されました。

日常の業務は電話帳などで話に乗ってきそうな会社を選び出して電話営業、FAX送付、訪問営業と九州一円を飛び回っていました。

もちろん、朝の出社時間以外の予定は自分で決めるので、はっきりした休日も残業もなし。時には高速道路のサービスエリアに車を止めて夜を明かすこともありました。

ですが、私にとっては、やりがいのある仕事だったので、そんな毎日を辛いと感じたことはありませんでした。

その頃の私の年収は360万円ぐらい。まだ構築段階で、経費ばかり使って利益が出ていない割にはもらっていた方だと思います。

営業ブタ
うーん、仕事の辛さの割にはもらってないほうだと思うけど…
転職ウサギ
事業が成功すれば一気に上がる契約だったのかもね

 

重役気分から一転、どん底へ

それから約2年後 、会社は九州でもトップクラスのPHS販売店に成長していました。

私は福岡支店の事業本部長として、事務所の一番奥にデスクを与えられてすっかり幹部気分。今考えたら、あの頃が一番輝いていたのかも知れません。あの信じられないドンデン返しをくらうまでは…。

NTT破れたり!

ある日の日経新聞の1面にこんな文字が踊りました。

それは、PHSの委託販売契約を結んでいた「NTTパーソナル通信網」がPHS事業撤退、会社清算をするということを知らせるニュースでした。

もともとPHS事業はそんなに長続きしないとは読んでいましたが、それはあまりにも早すぎる知らせでした。NTTの関連会社がたった4年あまりで潰れるなんて、誰が予測できたでしょうか。

それからは私の仕事環境は激変しました。つまり、我々のPHS事業部は、事実上消滅となってしまったわけです

事業部を閉鎖したあとに配属になったのは、その頃会社が手掛けていたショッピングモールのゲームセンター。ゲーム機の点検をしたり、UFOキャッチャーの景品の補充をしたり…。

まだ大学出たてのような若い店長にこき使われて、営業の最前線でバリバリ働いていた頃の自分とはえらい違いです。それでも、当時の福岡支社長に飲み屋に誘われて言われたものです。

「なあ、田中君よぉ、どこにも行く所がない君を救ってやったんだぜ。少しは感謝しろよ」ってね。

その時の私は35歳。このまま 今の会社に居座るのか、それとももう一度やり直すべきなのか。

私がインターネットの転職支援サイトをのぞき込むのがクセになったのは、ちょうどその頃からです。

営業ブタ
これは心折れるなぁ…転職するのも無理はない
転職ウサギ
こういう話を聞くと、ある程度歴史のある会社の方がやっぱり安心だよね

 

営業から一転、あまり人と話さなくて良い仕事を希望

私が転職先としてイメージしたのは、人とあまり話さなくていい仕事。ひとりで黙々と物作りに打ち込める技術系の仕事でしたが、妻も子どももいるので、極端に収入を落とすわけにもいきません。

そんなわけで、技術系や工場の求人が多く紹介されている「ジョブコンプラス」という求人サイトをよく見ていました。

「ジョブコンプラス」は、会社名はもちろん、地域別や職種別などの色々な検索条件を使って、自分の希望に近い会社を比較的簡単に探すことができるし、会社案内や会社PRなども掲載されているので、工場へ転職しようとする人にはおすすめです。

欲を言えば、40歳以上のシニア求人が特集で掲載されていると もっと便利かなと思いましたね。

 

決まったのはトヨタの工場期間工

さんざん迷ったあげく、私は愛知県のトヨタ自動車の工場で期間工として働くことにしました。

決め手はテレビ、エアコン、冷蔵庫、寝具付きの独身寮で、ほとんど出張気分で赴任できること。しかも赴任手当付きなので移動にお金もかかりませんでした。

それにトヨタは期間工を毎年積極的に社員登用しているので、がんばり次第では世界の一流会社の社員になれるという夢もあります。

 

期間工はロボット?

自動車工場は、鉄の板を指定された形に形成する板金から、組み立て、塗装、各セクションに材料を手配する物流など色々な工程に分かれていて、自分で職種を選ぶことはできません。

ただ、与えられた仕事を3交代勤務でひたすらこなす作業に徹するだけ。

毎日、同じことの繰り返しなので、仕事はすぐに覚えることができますが、体力と精神力が要求されます。

つまり、ロボット?まあ、そんな感じですかね。

ですが、私はたまたま組み立てに配属されましたが、電気工具の使い方に慣れると、自分が一人前の職人になった気分で結構楽しいですよ。

前の仕事は毎日が数字との戦い、人付き合いもたいへんでしたが、その点は工場勤務の方が楽かも知れませんね。

営業ブタ
何も考えずに、刺身の上にたんぽぽを載せる仕事をしたい…
転職ウサギ
ブラック企業で心を病むと、そういう気持ちになるよね…

 

期間工を楽しむには、寮生活をうまくやれるかどうか

気分を変えてリフレッシュするには、寮をじょうずに使うことです。寮には色々な境遇を持った人が集まってくるし、話しをすれば、自分が知らなかったことをたくさん知ることができます。

全国に友だちもできます。寮の食堂でビールを飲んで盛り上がったり、大浴場もあります。

仕事が単調でつまらない分、プライベートで楽しみを見つけると、トヨタの期間工も悪くないですよ。

 

トヨタ工場期間工の待遇について

トヨタの期間工の給料は実働8時間程度で日給9,650円からのスタート。平均して月に21日間勤務なので、基本月収は202,650円ほどになります。それに残業手当や時間外手当がもれなくつくので、月収は合計で280,000円くらい。

半年以上、1年以上と勤務が長くなれば日給が高くなって給料が上がる仕組みになっています。ちなみに月の残業時間は20時間程度です。

その他もらえる手当としては、皆勤手当30,000円や慰労金100,000円など、大企業ならではの手厚い待遇です。

営業ブタ
さすが世界のトヨタ。手厚い待遇だね
転職ウサギ
やりたいことのために、しばらくトヨタ期間工でお金を貯める人も多いって聞くよ

 

転職は総合的に見て成功。どん底からの復活

私にとって転職して良かったことは、ほぼうつ病状態から抜け出せたこと。物作りの楽しさが分かったこと。友達が増えたこと。それと、これは妻に言われますが、性格が明るくなったことです。

後悔していることは、ずっと愛知県の寮生活で子どもに寂しい思いをさせたことぐらいですかね。

ですから、私の転職の決断はまあまあ成功だったということです。

 

人間関係が原因で転職するなら、ちょっと立ち止まって

100%満足できる職場はないので、多くの人は一度は転職を考えると思いますが、もしもその原因が人間関係なら、誰かに相談するか、配属変えをしてもらうなどして、なるべく転職は避けた方がいいと思います。

なぜなら、転職した先が人間関係が良好な会社だとは限らないからです。

それ以外のことで転職を思いついたら、決断は早い方がいいです。

年を取るに従って、条件が厳しくなってきますからね。40歳を越えて、20歳そこそこの若僧に使われることになるかも知れませんよ。

それでは、転職のご成功を心よりお祈りしています。

1 個のコメント

  • 質問です。
    トヨタ期間工の面接を受けてから
    入社までどのくらい期間ありましたか??
    よろしければ回答お願いします致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です