テレアポは何時頃にかけるのがベストなのか?成功しやすい時間帯、時期について

テレアポというのは大変厳しい仕事ですが、ひとつメリットがあるとすれば、「いつ、どの時間帯でもできる」ということです。

テレアポ専門で朝からずっとかけ続けなければならない方は別ですが、おそらく多くの営業マンが、通常業務の傍ら、新規開拓のためにテレアポをしています。

しかし、いつでもかけられるというのは、逆に言うと「いつ電話をかければいいのか?」という疑問にぶち当たりますね。

私の経験上、テレアポが取りやすい時間帯というのは確実にあります。少し気を使って、担当者がつかまりやすい時間帯、話を聞いてくれる時間帯などを考えてテレアポをすれば、成功する可能性はぐっと上がります。

この記事では、テレアポが成功しやすい時間帯や時期、また業種によって考えなければいけないことなどについてご紹介します。

 

テレアポが成功しやすい時間帯について

担当者がつかまりやすいのは始業開始直後

テレアポの電話をいつかけるのか?というのは、営業マンは誰しも考えたことのある疑問だと思います。私も何千本とテレアポをかけ続ける中で、この時間帯については、何度も考えてきました。

まず一つ、担当者がつかまりやすい時間帯というのがあります。それは、相手先の始業開始直後です。

多くの会社は9時~9時30分頃には始業していると思います。なので、そのタイミングを狙って電話をかけるのです。

始業開始直後は、ほとんどの社員が席にいることでしょう。まだ、本格的に仕事に取り掛かる前の方も多いかもしれません。したがって、担当者につないでもらえる確率は高いし、話を聞いてくれる可能性も高い時間帯と言えます。

 

話を聞いてもらいやすいのは夕方頃

みなさんもご経験があると思うのですが、ずっと中で作業をしていると、夕方の16時くらいに眠気が襲ってきませんか?頭がぽわーんとしているような。仕事もちょっと飽きてきて、捗りません。

そんな夕方ごろにテレアポの電話をかけてみると、いつもは話も聞かずにガチャ切りの人でも、意外に話を聞いてくれたりします。

相手先も気分転換になるのでしょう。話を聞いてくれるということは、必然的にテレアポの成功率も上がってきます。

ただし、この時間帯は会議や打ち合わせに入ってしまっている担当者も多いので、つかまりにくい時間帯と言えるでしょう。

 

 

裏技コラム 早朝や残業時にかけてみる

これは裏技的テクニックですが、どうしてもアポを取りたい会社があって、担当者が全然つかまらない場合、まだ始業開始前の早朝や、終業後の残業時に電話をかけてみましょう。

この時間帯は、いつも電話に出る受付の人はもうすでに帰っているので、責任者や役職者が電話に出る可能性が高いです。

そういったキーマンに直接テレアポをすることで、成功確率は上がりますし、商談に移った後も、話がとんとん拍子に進むことが多いです。

特に、残業時の電話は「お互い遅くまでよくやるよね…」的な情が湧きやすく、「話だけなら聞いてやるか」という気持ちになりやすいです。

ただ、電話をするあなた自身も通常の勤務時間外のアポ電話になるため、そこがネックですが。

 

 

テレアポ 成功しやすい時間帯のまとめ

時間帯 担当者のつかまりやすさ テレアポ成功率
始業開始直後
夕方頃
早朝・残業時

 

時期について

どんな仕事にも、忙しい日とそれほどでもない日があります。

業種や職種によって様々ですが、多くの人が忙しいのは月初と月末でしょう。特に月末というのは、何かと締め切りが多かったりするので、出来ればテレアポは避けたほうが良いと思います。

また、自社のサービスが経理や総務向けだったりすると、経理や総務の人は五十日(ごとおび)と言われる日が忙しいです。

これは、多くの会社で請求の支払日が毎月5日、10日、15日、20日、25日、30日(または月末)など区切りの良い日で設定されているので、通常より業務が多くなるのです。

五十日に銀行へ行くと、いつもより混んでいるのがわかると思います。とはいえ、五十日は経理や総務向けの製品でなければそれほど気にする必要はないと思います。

 

業種によって異なる繁忙期を考えよう

業種によって特有の繁忙期、いわゆる稼ぎ時があります。

自社の稼ぎ時に営業電話を受けても、対応できないのが普通でしょう。だから、繁忙期にテレアポをしても成功率は低いです。

ここで、思いつく限りの業種ごとの繁忙期をまとめましたので、テレアポの際の参考にしてみてください。

不動産関連 2月~3月

新生活へ向けて引っ越しを考える人が多くなります。特に学生や新社会人の需要が大きいですね。

 

小売・販売関連 3月、12月

年度末と年末は書入れ時です。セールも多くやっていますね。

 

求人・転職 1月~3月、7月

新年度へ向けて転職を考える人が多いです。夏の賞与後に転職する人も多いですね。

 

総務・会計・税務関連 3月、5月、12月

決算、税務申告、そして年末は何かと忙しいです。

 

旅行・娯楽関連 3月、7月~8月、12月

長期休暇中は旅行や娯楽関連の繁忙期となります。

 

必ずしも担当者の忙しさと連動するわけではありませんが、少し頭の片隅に入れておいても損はないと思います。よかったら参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です