営業転職のススメ

営業職って、大変な仕事です。

雨の日も風の日も、客先へ行って、どうにかして契約を取ろうと奮闘して、ようやく帰社できたと思ったら、次の日の準備に雑務処理…圧倒言う間に外は真っ暗です。

さらに上司からは営業成績に対する圧力、追ってくるノルマ、上がらない給料…

私も営業職だったから、気持ちは痛いほどわかります。どんなにきつくても、「やらなきゃダメ」なんですよね。

でも、その生活って、本当にあなたが望んでいる生活ですか?

「勤務時間が長すぎる」
「待遇に満足していない」
「職場の労働環境が悪い」
「実力を正当に評価してもらえない」
「自社の製品・サービスが本当に良いモノとは思えない」

あなたが思っている不満はたくさんあると思います。

もし、今の職場に少しでも疑問を持っているなら、「転職」という選択肢を頭の中に入れておくことをオススメします。

なぜなら、営業って転職に強いんです

 

経営者は営業がめちゃくちゃ欲しい!

はっきり言って、企業、経営者は「営業がめちゃくちゃ欲しい!」のです。

いっくら良いモノを作っても、良いサービスを持っていても、それを売る人がいなければ、企業は収益にならないし、そもそも存続できません。

会社というのは「営業あってこそ」なのです。

さらに、「営業力」というのは、広く言えば「モノを売る能力」です。あなたが今どんな製品・サービスを扱っていたとしても、その営業経験で培った営業力は、他の製品・サービスを売る場合に応用できるのです。

だから、「A社の製品は特殊だから、他の営業では生かせない…」なんてことはないのです。

どんな製品を扱っていても、あなたには「人と話せるコミュニケーション能力」や「契約まで持っていくクロージング力」が自然と養成されているのです。

営業マン・営業ウーマンというのは企業にとっては即戦力で、営業経験者というのは非常に欲しい人材なんです。

さらに言うと、営業職というのはつらくてきつい仕事だというのは、大抵のビジネスマンは理解しています。そんな職種を経験してきたあなたは、メンタルの面でも相当鍛えられているはずです。

したがって、営業から営業への転職ももちろん歓迎なのですが、営業から他職種へ行っても、十分通用する精神力を持ち合わせているのです。

これぐらいの辛さ、営業に比べたら大したことない」と思えるのは、非常に強いです。

だからこそ、あなたが少しでも今の会社に疑問や不満を持っているのなら、「転職」のカードを手の中に入れておくべきです。

 

自分の可能性を可視化するための「転職活動」

それじゃあ一体、どうすればいいのか?

私は、あなたに対して「さあ、早く転職しなさい!」と無責任に言うことはしません。

まずは、あなたの経歴や経験において、一体どんな求人があるのか、あなた自身の市場価値はどれくらいなのか、というところを見極めることろからスタートするのがオススメです。

例えば、転職エージェントに登録すれば、あなたの希望する条件を詳しくヒアリングして、条件にマッチした求人情報を引っ張ってきてくれます。転職サイトに登録すれば、いくつもの求人がアップされ、大体の条件などが把握できます。

そうやって情報収集していると、「今の会社での評価」が低いのか、高いのかが理解できてくると思います。

もし、「待遇に満足していない」のであれば、今の会社よりも待遇の良い会社の話を聞いてみるのもいいですし、同じ条件でも、あなたが「これは良い製品だ」と思えるものを扱っている会社なら、それも立派な転職理由になるでしょう。

転職するにせよしないにせよ、「外部の声に耳を傾けてみる」というのは、とても大事なことです。あなたの現在のスキルでどの程度の条件が提示されるのかを知るだけでも、全然違いますよね。それは、あなたの可能性を可視化(数値化)するということです。

転職活動とは、あなたの可能性を広げる活動なのです。

 

営業の転職にオススメの転職エージェント

現在のあなたは会社員で、日中は業務に追われ、腰を落ち着けて転職活動などできないと思います。

そんな場合にオススメなのが、転職エージェントです。エージェントというのは、『代理人』のことです。つまり、あなたの代わりに転職活動を行ってくれる人です。

世の中には数えきれないくらいの会社があり、数え切れないほどの求人が存在します。その中からあなたに合った会社、求人を選ぶのって労力が必要ですよね。

転職エージェントは、あなたの経歴や適性、興味や希望条件を踏まえて、あなたに合った求人を探し出してきてくれます。

一人でやるよりも、随分と心強くないですか?

しかも、転職エージェントは完全無料です。なぜなら、エージェントは会社側から手数料をもらうからです。転職者からは一切報酬をもらいません。

実際にどんな感じか、登録してみるだけでも十分に価値はあると思います。

それじゃあ、どの転職エージェントに登録すればいいのか?ここからは、オススメの転職エージェントを紹介していきたいと思います。

パソナキャリア

総合評価 ★★★★★
求人数  ★★★★
年収UP率 ★★★★★

パソナキャリアは全国に営業所を持つ、大手転職エージェントです。
年収アップの転職支援実績が多数あり、よりより条件での転職を希望している方にはオススメです。
また、各業界ごとに精通した専任のキャリアアドバイザーが担当し、応募から現在の会社の退職手続きまでサポートしてくれます。
営業職の転職に強いことでも有名です!

DODA

総合評価  ★★★★
求人数   ★★★★★
年収UP率 ★★★★

DODAはリクルートエージェントに次ぐ業界第2位の求人数を誇ります。
20代~30代前半までの若手向けの転職支援に強く、今後の未来や成長を踏まえた提案が魅力です。
業界としては、IT・通信系、メーカー系、サービス系に強く、営業職と技術職が全体の50%を占めています。
勢いのあるエージェントというイメージですね。

リクルートエージェント

総合評価  ★★★★
求人数   ★★★★★
年収UP率   ★★★★

リクルートエージェントは転職エージェントの中でもっとも多い求人数を誇ります。
やはり「リクルート」だけあって、実績も十分。経験豊富なキャリアアドバイザーが多数在籍します。
どんな業界にも対応できる総合力が魅力ですね。
エージェントに迷ったら、とりあえずリクルートエージェントに登録してみる、というのもアリでしょう。